海・自然

銭形砂絵の夕景が絶品!/琴弾公園(香川県観音寺市)

銭形砂絵の夕景が絶品!/琴弾公園(香川県観音寺市)

健康・長寿・お金に困らない!?パワースポット

琴弾公園(ことひきこうえん)は、琴弾山の展望台から「銭形砂絵」を展望できることで有名な公園で、公園全体が国の名勝に指定されています。

まず、公園中央に整備された無料駐車場から海辺に向かって歩いてゆくと、「有明浜」があります。
遠浅で美しい砂浜として知られており、引潮の時間帯には潮干狩りを楽しむ人でも賑わう海岸で、「日本の渚百選」にも選ばれています。
沖には伊吹島をはじめ、いくつかの島々も浮かんでいます。

//images.ctfassets.net/cynoqtn1y5gl/f378_001/70fe3430b223b70c3a8da37b229c8e5b/forBody

次に、この有明浜の背後には「観音寺松原」があり、こちらは「日本の白砂青松百選」に選定されています。

//images.ctfassets.net/cynoqtn1y5gl/f378_002/02b1137aaf32b02b3b868342df2d3d72/forBody

松原の中に遊歩道もありますが、基本的には散策自由で、松の香りが漂う中で、気の向くままに歩けます。

//images.ctfassets.net/cynoqtn1y5gl/f378_003/cc2e0dac35fd6d69e7a9213b4c914832/forBody

しかし、この松原の中を歩いていると、突然広大な白い砂場が現れ、まるで迷路のごとく凹凸に塹壕を掘ったようなエリアがあります。そして、この砂場は立入禁止になっています。

//images.ctfassets.net/cynoqtn1y5gl/f378_004/9a8011320f18f4b2fc67d0cc4c12ce29/forBody

これは、いったい誰が何のために築いたのか?
この謎を解くには、砂場の背後に見えている琴弾山に登る必要があります。

琴弾山は標高60mで、全体が松林に覆われ、海から風が吹き付けるときには、その風音が「仙人が琴を弾いている」ように聞こえたために、その名が付けられたといわれています。

山頂には展望台が整備されており、近くまで車道が通じていますが、下から歩いても15分程度で簡単に登れます。

展望台から見下ろすと、あの砂場の答えが判明します!
なんと、松林の一角に巨大な「寛永通宝(かんえいつうほう)」の銭形の砂絵が描かれていたのです!

//images.ctfassets.net/cynoqtn1y5gl/f378_005/a021a5170d6fbdda03185b5c39929581/forBody

この銭形砂絵の大きさは、東西120m、南北90m、周囲345m。
一般には、寛永10年(1633)に丸亀藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたといわれています。

この銭形を見れば健康で長生きができ、しかもお金に不自由しなくなると伝えられ、最近はパワースポットとしても人気があります。

この砂絵の景観が特に美しくなるのが夕刻の時間帯。
「銭形砂絵」と夕焼けに染まる海の組み合わせは、なかなかの絶景です。

//images.ctfassets.net/cynoqtn1y5gl/f378_006/db540057b9e6649771d2a634176f6f58/forBody

琴弾公園は「日本の夕陽百選」にも選定されていて、展望台には季節ごとの日没の時刻表も掲示されています。
冬は銭形の左側に太陽が沈み、夏には銭形の右側に沈んでゆきます。以下は夏の景色。

//images.ctfassets.net/cynoqtn1y5gl/f378_007/da4f676b6cb37562ff72b366123c0a6a/forBody

こちらは昼間の景色。この展望台へ毎日訪れている地元の方のお話では、空気の澄んだ日には「しまなみ海道」の橋まで見えるのだとか。

//images.ctfassets.net/cynoqtn1y5gl/f378_008/7313131aa1f6a869e2dc340a43d1d471/forBody

江戸時代に作られた「銭形砂絵」。
現在は市民の方々の奉仕で、春秋に化粧直しされて、この景観が維持されています。

あなたも展望台から「銭形砂絵」を眺めれば、長寿と繁栄がもたらされるかも!?

瀬戸内Finderフォトライター 松岡広宣

関連地域

香川県

瀬戸大橋を介して本州と四国を繋ぐ四国の玄関口、香川県。県民のソウルフードとして親しまれている「讃岐うどん」は、県外からも多くの観光客を集めています。歴史的な観光資源と個性豊かな島々に恵まれてているのも特徴。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星を獲得した「栗林公園」、長い石段で有名な「金刀比羅宮」に加え、どこか地中海を思わせる美しい小豆島の他、せとうちの風景と現代アートを融合させた取り組みも人気を博しています。